生活習慣病予防やエイジングケアにも期待の風味豊かな赤味噌

日本が誇る天然の発酵食品の代表と言えば味噌ですが、その中でも赤味噌は大変日本人に馴染みが深い種類です。マイルドな口当たりとほっとする香りも魅力ですが、健康サポートにもなる優れた面があります。

ソフトな大豆に種麹を塗布して発行させる豆麹は、風味も豊かで味わいに深みを出すのもポイントです。大きく分けるとみそは3種類あり、米味噌に麦味噌に豆味噌に出風味や味わいも違います。最も国内で生産量が多いのは米味噌であり、原料に使うのは米に塩に大豆です。

本来米の持つ甘みを存分に生かした旨味が特徴であり、馴染み深く甘さがあります。メイン原料に麦を用いて、大豆と塩で作るのは麦味噌です。米味噌よりもさらに甘さが強いのは、麹をそれだけ麦味噌の方がたくさん使うためであり、麦の香りも漂います。長い熟成期間を経て出来上がるのは豆味噌であり、豆と塩といったシンプルな原料です。濃厚なコクを持ち甘いだけではなく、渋みや酸味に苦みまで併せ持ちます。米と麦と豆の中から2つを合わせて作るのが調合味噌であり、淡色味噌のほかにもあるのが赤と白の味噌です。米麹と蒸し大豆を使って仕上げるのが赤味噌であり、1年ほどの熟成期間を経て出来上がります。

名前の通り赤味噌が赤く見えるのはメラノイジンであり、高い抗酸化作用に恵まれていて、アンチエイジングにも期待できる成分です。高価な化粧品をたくさん買うより、たくさんのサプリを飲むより、天然の味噌の成分で健やかさと美しさをサポートします。メラノイジンは味噌が熟成をする過程で生じますが、食事の血糖値の急上昇をセーブするなど、生活習慣病予防にも期待されるほどです。