過払い金を取り戻せる!消費者金融で借金をした人必見

借金の返済ができなくなった時、あなたはどうしますか。

債務整理を考える人も多いだろうと思います。しかし債務整理をすると、5年から場合によっては10年の間、クレジットカードを使えない、ローンを組めないということになりますので、できればしない方がいいのです。

もしあなたが2009年までに、消費者金融から借金をしていて、それで返済に困っている場合は、弁護士により債務整理なしで返済額を減額できる、あるいは返済をもうしなくてもよくなるという例もあります。それは過払い請求です。元々消費者金融では、法定金利よりも高い金利でお金を貸していたのですが、2006年の最高裁判決でそれが違法であるとされ、その結果貸金業法が改正されることになりました。この貸金業法が改正される以前に、消費者金融からお金を借りていた場合は、金利を余計に払いすぎていることがありますので、弁護士に相談してみるといいでしょう。

しかし弁護士に頼んで、過払い分を取り返すにしても、ブラックが付くのではないかと心配な人もいるかもしれません。しかし過払い金を取り戻すだけであれば、ブラックが付くことはありません。よくネット上に、過払い金を取り戻した人の体験談があったりしますので、それを見て参考にするのもいいでしょう。また過払い請求ができる人は、最終取引から10年以内の場合に限られますので、その点に注意してください。この場合の弁護士の費用は、基本的に取り戻した過払い金から支払われることになります。